BUZZLOG

暮らしに役立つ情報、観光スポット、割引クーポン・施設情報、サイト運営・検証など。

遊園地&動物園

としまえんの花火の開催日や園内の釣り情報など訪れる前に役立つ4つの情報を大公開

投稿日:

参照:としまえん公式ホームページ

「としまえんの花火はいつ頃開催されるのかが知りたい」

「としまえんの園内にある釣りってどんなものなのかが知りたい」

この記事はそんな人のために書いております。

としまえんは日本を代表する遊園地で、「としま」と名付けられていることから豊島区に位置すると勘違いをしている方も多いのですが、実際には練馬区にあります。

様々なアトラクションを楽しめるだけでなく夏にはプールや花火も行われます。

季節限定のイベントでもあるため、夏の思い出を作るために多くの人が訪れます。

「としまえん」のチケット料金を割引クーポンで安くする詳しい情報は【半額クーポン】としまえんのチケット料金を割引クーポンで安くする5つの方法を大公開!という記事で紹介しております。

そんな、としまえんの花火の開催日や園内の釣り情報など訪れる前に役立つ事を発信していきます。

スポンサーリンク

①としまえんの花火はいつ開催されるの?

としまえんの花火が開催される期間は?

2019年は720日から91日の間の金土日と、813日から15日が実施期間だったのですがこの年は諸事情により中止になりました。

天候不順の場合は中止になることもありますので、毎年事前に確認をするようにしましょう。

打ち上げ時刻は20時からでわずか7分間のイベントではありますが、住宅街で打ち上げられるため普通の花火大会とは異なる魅力を感じられるとして人気です。

としまえんの花火が開催される期間は混雑するの?

開催年によって異なるため一概には言えませんが、ほぼ毎年入園10分前には長蛇の列ができることが多く自由席が確保できない可能性も考えられますので、余裕を持って向かうことが大切です。

としまえん園内の外からでも花火は観られるの?

花火は高く上げるものだから園内に行かなくても見えるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、かつてはそれが可能だったのですが最近では近隣住民への配慮を重視して、低く打ち上げるようにしているためはっきりと見るためには園内がおすすめです。

としまえんの花火観覧の穴場スポットは?

穴場スポットは、ナイトプールです。

プールは遅くまで開いているため、プールに入りながら夜空を見上げて夏を満喫する人も増えております。

ただし、ナイトプールに入るための別料金がかかりますので注意が必要です。

としまえんの花火観覧の無料席と有料席って何が違うの?

毎年異なったテーマが決められそれに合わせた花火が打ち上げられます。

基本的には無料で観覧できますが、より良く見たい人におすすめなのが有料席です。

毎年家族連れやカップルで早い時間に予約でいっぱいになってしまうため、有料席で見たいと思うのであればできるだけ早めに受付をすることが大切です。

 

②としまえんの園内にある釣りはどんな楽しみ方があるの?

としまえんの園内にある釣りは冬季限定のイベントです

花火やプールとは反対に冬季限定のイベントで、3つのエリアで異なった釣り方を楽しめるという特徴があります。

としまえんの園内には釣りができるエリアがあるの?

参照:としまえん公式ホームページ

アマゾンエリア

アマゾンエリアは、ルアーやフライ、エサ釣りができて、これら3つが入り乱れているわけではなく、それぞれで区切られていますのでルアー釣り場にエサが流れてくるようなことはありません。

このエリアでは特に水車周辺に人が集まる傾向があると言われており、ここを避けると比較的釣りやすいかもしれません。

ミシガンエリア

ミシガンエリアは、ルアーとフライの2種類を楽しめます。他と比べて魚が少ないとも言われていますが、他のエリアでは見られないような魚が放流されているのが魅力です。

運動靴や長靴は問題ありませんが、ブーツは禁止されていますのでしっかり確認をしてから訪れるようにしましょう。

ナイアガラエリア

最後にナイアガラエリアは、ルアー限定のエリアで特に経験者や上級者が集まります。

ルアーに馴れている魚が多く、そう簡単には釣れないとされているので本格的に楽しみたいという人におすすめです。

としまえんの釣りができるエリアの営業時間は?

利用時間は1時間から6時間までで、料金も平日と土日祝日で異なります。

頻繁に訪れる場合は、回数券がありますのでこれを利用すればお得に楽しめます。

としまえんの釣りができる場所にはどんは種類の魚がいるの?

 

参照:としまえん公式ホームページ

どのような魚がいるのかというと、イワナやヤマメ、練馬サーモンといった食べられる魚が多く実際に持ち帰ることができるのも人気の理由です。

基本的にキャッチアンドリリースはできませんので、できればクーラーボックスや保冷バッグを持参した方が良いです。

ただし、釣った魚をすべて持ち帰れるわけではありませんので注意しなければなりません。

購入した時間券によって制限されていますので、確認をすることが大切です。

どうしても持ち帰りたくないのであれば、その場で食べることもできます。

追加料金を支払えば、塩焼きで食べることができ実際には持ち帰るよりもその場で食べてしまう人のが多いと言われています。

としまえんの釣りができるエリアで魚を多く釣るためのコツはあるの?

経験のある人でも中々釣れないという声の多いとしまえんのフィッシングエリアですが、スタッフにコツを教えてもらうこともできるためどうしても釣れないという人は積極的に声をかけてみると良いです。

ルアーと言っても様々な種類がありますので、どれを使えば魚を惹きつけられるかを教えてくれるかもしれません。

大人向けだけでなく、子ども向けの釣り堀もあります。

室内型で雨が降っても問題はなく、鯉や金魚など子どもに人気のある魚が泳いでいて何も持参しなくてもレンタルできるので、遊園地のついでに利用する家族が多いです

 

③としまえんで開催されているプレミアムサーカスショーって何?

としまえんではその他にも、プレミアムサーカスショーも堪能できます。

期間が決められているため年間を通して楽しめるわけではありませんが、1日に3度も公演を行うため好きな時間を選ぶと良いです。

決して規模は大きくはありませんが、日本ではテント内でのサーカスはそこまで多くはないとも言われているため貴重な体験ができると思います。

 

④としまえんのチケット料金を割引クーポンで安くする方法はあるの?

「としまえん」の割引クーポンの詳しい情報は【半額クーポン】としまえんのチケット料金を割引クーポンで安くする5つの方法を大公開!という記事で紹介しております。

割引クーポンまとめ一覧

①「デイリーPlus」で1人あたり最大2,470円割引

②西武プリンスクラブカード提示で400円割引

③JAF会員であれば「JAF会員割引」で300円割引

④としまえんのメール会員登録で300円割引

⑤年間フリーパスで様々な特典割引

 

【半額クーポン】としまえんのチケット料金を割引クーポンで安くする5つの方法を大公開!

新宿、池袋からアクセスが良く、緑に囲まれた広大な敷地内にある「としまえん」に行ったことはありますか? 東京23区内にある緑に囲まれた遊園地です。 最新型の絶叫マシンは無いですが、マシンの種類が多いので ...

続きを見る

-遊園地&動物園

Translate »
error: Content is protected !!

Copyright© BUZZLOG , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.